安倍首相も水素ステーションを視察!FCV「ミライ」発売前夜

トヨタがもうすぐFCVを市販する。 700万円ほどとされる価格だが安倍総理が少なくとも200万円の補助をしたいと 発言したことで、愛車にできるかも!? と思った人も多いはず。 期待と不安が渦巻くFCVを取り巻く環境を、 ’97年12月に発売になった初代プリウスの時と比較しながらレポートしよう 7月18日安倍首相が北九州水素ステーションを視察に訪れ、トヨタのFCVに試乗した姿をニュースでご覧になった…

続きを見る »

ベストカー11月10日号(10月10日発売)

【SUPER SCOOP】 ニッポンの力業が末来を開く!! ◆これまで日本車が不得意としてきた高級車。 しかしヨーロッパのメーカー躍進のひとつにこの高級車作りの巧みさがあるのは御存じの通り。その牙城に…

続きを見る »

大型トラックの自動運転時代がすぐそこまでやってきた!

クルマに装着されるミリ波レーダー、ステレオカメラなどによるセンシングだけでなく、 車々間通信やLAN技術など、あらゆる情報通信を使い、自律自動走行が行われる。 結果として、安全性の向上はもとより、燃費…

続きを見る »

最新記事 最新記事一覧を見る »

アイドリングストップの裏情報

 '02年から本格的な普及が始まったアイドリングストップ。 スバルの場合はアイサイトとも連動している。  クルマが停止している時にはエンジンを止めたほうがイイ。 これは誰でも思いつく素朴な燃費向上テク…

続きを見る »

気になる!クルマ関連企業の株主優待

最近、人気となっているのが「株主優待」。通常、株式上場している会社は利益の一部を配当金として株主に還元するのだが、その株価は配当金によって大きく左右される。しかし、こうした配当金よりも株主優待を目的と…

続きを見る »

NAエンジンはどうなる?

小排気ターボHV全盛のなかで… NAエンジンはどうなる? TEXT/国沢光宏 スカイライン、レクサスNXの2ℓ直4ターボがデビューし、小排気量ターボの時代が到来。 HVと合わせ活況を呈している。いっぽ…

続きを見る »

タイヤダウンサイジングのすすめ

クルマが高性能になるにつけ、太くなってきたタイヤ。 最近では295/30ZR20インチという超扁平タイヤも登場。しかし、ちょっと待て。 普通に乗っているだけなのにそんなに太いタイヤは必要なのか? そこ…

続きを見る »