【トヨタWRC復帰】正式発表の“実戦仕様”ヤリスWRC、ポイントはココだ!!

ついに“ジャパン・パワー”がラリーの頂に復帰するまで、あと3カ月を切った。トヨタは、9月29日に正式発表した「ヤリスWRC」でWRC復帰初年度を戦う。

1990年代に4度のドライバーズチャンピオン、3度のメイクスチャンピオンを獲得するなどWRCで栄光を摑んだトヨタとしては18年振り、国産メーカーとしてはスバルの撤退以来、9年振りのWRC復帰となる。

この公開されたヤリスWRCは、7月に公開されたテスト車両とは異なる正真正銘の2017シーズン用だが、果たしてどんなマシンに仕上がっているのか? ヤリスWRCを紐解くうえで鍵を握る大変革の規則とともにポイントを解説!!

文:国沢光宏/写真:ケニー中嶋
ベストカー2016年11月10日号


テスト車から変貌を遂げた実戦マシン

昨年1月の参戦発表後、決して順調でなかったトヨタのWRC参戦プログラム、今年の8月からイッキに歯車が噛み合いだしたという。走ればトラブル出ていたテスト車も、来年1月のデビューに向け、仕上がりつつあるらしい。ということで現時点でわかっているヤリスWRカーについて分析してみよう。

最も目に付くのがこの巨大リアウイング。2017年のレギュレーションに合わせて、かなり迫力あるエアロパーツを採用している点が今回公開されたヤリスWRCの特長だ

最も目に付くのがこの巨大リアウイング。2017年のレギュレーションに合わせて、かなり迫力あるエアロパーツを採用している点が今回公開されたヤリスWRCの特長だ

 

まずボディワークだけれど、ほぼこのままと言っていいと考える。というのも9月に来年向けヤリスWRカーのFIAによる査察を受けており、OKが出たもようだから だ。7月の時点ではリアウイングなど2017年の規定(後述)に合わない部分もあったものの、パリに展示された車両はクリアずみだという。

全般的な印象として「新しさはないけれど手堅くまとめましたね」。短い前後のオーバーハングが印象的だ。 2017年規定のWRカーで重要 になってくる空力はイギリスの風洞を使っている。トヨタの場合、F1参戦以後、現在もWEC車両で空力のデータを積み重ねてきた。当初マキネンが「すべて自分でやりたい」と抱え込もうとしたらしく、このあたりもゴタゴタした理由だったが、今は空力とエンジンをトヨタ(ドイツにあるTMG=かつてはトヨタのF1活動も担っていた)が担当することになり、鋭意開発中。開幕戦 までに「恥ずかしくない戦力」を見せられるか?

写真を見て驚いたのは、マイクロソフトのステッカーである。 VWがレッドブル。 シトロエンはトタルという石油会社、ヒュンダイだとモービスというデンソーのような企業で、どれも「さもありなん」。マイクロソフトとは、新鮮 だ。トヨタが本気でなければマイクロソフトだって乗ってこないだろう。現時点で何をするのか見えていないけれど、新しいことを考えてるのかもしれない。

720160725_01_02_s
左が今回公開されたヤリスWRCで、右が7月時点で公開されたテスト車両。比較すると、フロントのエアスクープやグリル形状などが違い、細部が変わっていることがわかる

ヤリスWRCを紐解く鍵は大変更の規則にあり!

前述のとおりWRカーの車両規定が2017年から大きく変わる。

まずエンジン。1.6L、4気筒直噴ターボはそのままながら、吸気制限が33口径から36口径に大幅アップされる! 結果、最高出力は300ps程度から380psまで向上! 走行テストの動画を見ると、今までより高い回転域を使っておりパワフルだ。さらに最低車重が1200㎏から1175㎏になり、駆動系もアクティブ制御可能。舗装路面でもパワースライドするのが普通になるだろう。

車体も大きく変わる。全幅が50㎜拡幅され、大型の空力付加物を付けられるようになった。ヤリスWRCを見ても、フロントのエアダムや、リアの派手なウイング付き。トレッドのワイド可とダウンフォースの増加でコーナリングスピードは圧倒的に高くなると思われる。おそらくかつての『グループB』カーより速いんじゃないだろうか。こうなると危険性も増大していく。果たしてどうなるか?

今のところドライバーからは歓迎されているようだ。

Volkswagen Polo R WRC TestJari-Matti Latvala (FIN), Miikka Anttila (FIN) Volkswagen Polo R WRC (2016) WRC Rally Sweden 2016
左がVWポロRの2017年用テスト車。右が今年のマシン。比べると2017年マシンのほうがよりワイドで迫力あるマシンに変化していることがわかる

トヨタの初陣は1月、伝統の“モンテ”から

このようにマシン自体がより迫力を増し、スピードも向上する2017年のWRC。注目が集まるトヨタの初陣は1月20~22日に開催される伝統のラリー・モンテカルロからだ。

ちなみにドライバーは、フィンランド人のユホ・ハンニネンを起用することが発表され、残る1人は同じくフィンランド人で有数の速さを持つ、エサピカ・ラッピの起用が噂される。

世界最高峰のラリー競技、WRCの舞台に久々に“ニッポン”の名が躍る。2017年トヨタのWRCでの活躍に注目だ!!

■2017 WRCカレンダー(9月29日発表時点)
・モンテカルロ    1月20-22日
・スウェーデン    2月10−12日
・メキシコ      3月10−12日
・フランス      4月7−9日
・アルゼンチン    4月28−30日
・ポルトガル     5月19−21日
・イタリア      6月9−11日
・フィンランド    確定待ち
・ドイツ       確定待ち
・スペイン      確定待ち
・グレートブリテン  確定待ち
・オーストラリア   確定待ち