ビルシュタイン&ザックス 純正装着のスポーツ足は本当にいいの?

トヨタ86、スバルレヴォーグGT-Sなどスポーツグレードの足回りには、有名サスペンションメーカーの製品が奢られることが多い。こうしたノーマルグレードにない特別装備につい惹かれがちだが、本当にいいものなのだろうか? 今回はその代表としてトヨタ86 にオプション設定されているザックス、スバルレヴォーグGT-Sに標準装着のビルシュタインの実力を確かめてみた。足回りにはうるさい国沢親方がずばりインプレッションする。

文:国沢光宏/写真:藤井元輔


ザックス その名に価値はあるのか?

果たしてダンパーブランドによる足回りのフィーリングがどう違うのか? 今回はザックス装着のトヨタ86、そしてビルシュタイン装着のレヴォーグを比較する。

まずトヨタ86からチェックしてみたい。標準の86に採用されているのはショーワ。ゴツゴツした量産型KYBの安っぽい乗り味を嫌ったのだろう。実際、路面からのデコボコを上手に吸収しており、滑らかな乗り心地で快適だ。ただ大きな入力を受けた際、車体全体の動きを上手にコントロールできていない。簡単に言えば、車体の動きが大きく落ち着かないのである。

ザックスだとどうか? ショーワが苦手としていた大きな入力受けた時の挙動は圧倒的に安定しており、なかなかいい感じ。ハイスピード&大入力領域で走っているかぎり、ドイツ車のような味を出してる。されどタウンスピードになった途端、車体が細かく揺れ続けてしまう。

このあたりが「万都(マンドゥ)」という韓国メーカーの生産ラインを使っている韓国製ザックスの限界かもしれない。両方のいい部分を足せないのだろうか、と思う。なかなかいい仕上がりなのがGRMN用のKYBスペシャル。KYBといっても量産ラインでなく、試作品のような作り方をしており、納入コストは普及品よりはるかに高価だという。

いわゆる本格派のダンパーで、ポルシェやBMWのMあたりの領域に近い。もちろん気合いを入れた欧州製ザックスに「上質感」で届いていないけれど、GRMNに乗ったら誰だって「いいね!」と思うだろう。

be6i0608

レヴォーグは標準仕様のKYBも捨てがたい!?

続いてレヴォーグのビルシュタインを試す。デビュー当初のA型レヴォーグはビルシュタインが案外硬くて渋かったこともあり「標準のKYBでいい!」と思った。その後、年次改良でKYBをさらに改良したらしく、圧倒的にKYB優位に。

しかし! 今回試乗したビルシュタインはまったくモンクなし! 走行距離が延びて「慣らし」が済めばビルシュタインもしなやかになるか? 年次改良で大きく変わることもあるスバルらしさ満点といった感じ。現在販売されているレヴォーグは、KYBもビルシュタインもなかなかの高水準である。

強いていえば若干ビルシュタインのほうが大きな入力受けた時の安定感で優勢といった感じ。ただ寿命でKYB有利だし、ビルシュタインぶんの差額で最近人気の「ネオチューン」など行いKYBの改良をしてやれば、評価は逆転するかもしれない。KYBもショーワも、ライバルが登場したため俄然ヤル気になったのだろうか。日本車にとっていいことだと思う。

 

be6i0590