ダウンサイズターボ BMW&アウディ最新モデルにみる国産勢の現在地

レヴォーグやステップワゴンなど、日本でもダウンサイジングターボエンジンが出始めてきた。そこで気になるのが最新の欧州ダウンサイジングターボに対する日本勢の実力だ。昨年、日本でも発売開始したBMWとアウディの最新小排気量ターボ2モデルを比較試乗し、わかった国産ダウンサイジングターボの現在地とは?

文:国沢光宏/写真:奥隅圭之(BMW、アウディ)
ベストカー2017年1月10日号


従来の2〜3L搭載車に欧州勢は1.5L以下のターボエンジンも採用

BMW318iとアウディA4 1.4TFSIは、ダウンサイジングターボの見本と言ってよかろう。

まず、A4もBMW3シリーズも「欧州Dセグメント」というジャンルに入る。日本車だとレガシィやアテンザと同じクラスをイメージしてもらえればOKだ。

このクラスでは日本車の場合、搭載されるエンジンはベーシックモデルで2L。一般的に2.5L前後となり、アメリカだと3L級のエンジンまで搭載される。

当然ながらA4や3シリーズも2~3L級のエンジンを搭載するモデルをラインアップするけれど、日本車に存在しないのが今回紹介する小排気量過給エンジンだ。

圧倒的な小型化を実現したアウディA4の1.4Lターボ

アウディA4に搭載されるのは小型&軽量1.4Lの4気筒ターボ。2Lモデルも4気筒ながら、比較すると1.4Lはエンジンの大きさそのものが圧倒的にコンパクト。加えて伝達トルクも小さくなるため、変速機まで軽い。

車重を調べてみたら、190psの2L、4気筒エンジンを積むA4が1580kgあるのに対し、1.4L、4気筒は1490kgしかない。

エンジンと変速機、さらにラジエターやターボなど補器類まですべて含めれば、車重差は90kgにもなるのだった。もっといえば、エンジンが小さくなることによりエンジンルームに余裕ができるため、歩行者と接触した時の評価まで改善される。

さらに、1シリンダーあたりの排気量が500ccある2L、4気筒と比べ、同じく350ccの4気筒はピストン重量が軽くなるのだろう。振動面で圧倒的に有利。1.4LのA4に乗ると、2Lエンジン搭載車より明らかに上質なエンジンフィールだったりする。

逆に失われるモノは40‌psと70Nmという出力とトルク。ただ、90kg軽くなることによる追い風もあり、乗っていて「遅さ」をまったく感じさせない。

マツダのエンジン親方である人見さんは「6気筒を4気筒にするなら効果あるが、4気筒同士のダウンサイジングなどありえない」と常々主張するけれど、A4を見ると「そんなことありませんぜ」と言いたくなります。

アウディA4アバント1.4TFSI ■全長×全幅×全高:4735×1840×1455mm/車重:1490kg/エンジン:1.4L直4DOHCターボ/最高出力:150ps/5000-6000rpm/最大トルク:25.5kgm/1500-3500rpm/JC08モード燃費:16.6km/L/価格:476万円

BMW3シリーズの1.5L、3気筒ターボは小型ながらチープな印象も

続いてBMW318i。コチラは2Lの4気筒から1気筒を取った1.5L、3気筒のダウンサイジングターボである。エンジンを1気筒ぶん短くすることが可能なので、エンジンサイズの小型化が可能だ。

それだけでなく、ピストンやバルブなど部品の数も20%以上少なくなるため、製造コストまでダウンサイズできるという大きなメリットを持つ。いろいろな意味で効率のいいダウンサイジングなのである。

どれどれ、と試乗してみたら「うーん」。4気筒より明らかに安っぽい感じ。A4は4気筒のまま排気量を小さくしたこともあり、上質になった。されど、318iは3気筒を選んだため振動が出てしまっている。

特に厳しいのが日本の道路で多用する2000回転以下の領域だ。それ以上回すとバランサーの効果が出るらしく“ほぼ”気にならなくなるものの、低い回転域だとモロに安っぽい3気筒という感じ。

ミニや2シリーズといったベーシックモデルであれば納得できる3気筒も、400万円以上するプレミアムDセグメントに搭載すると「アカンですね」。素直に4気筒の320iを選ぶ。

しかも出力だって184psから136psに落ちるし、トルクも270Nmと220Nm。A4の150ps/250Nmを考えると物足りない。車重だって1550kgもあり、軽くない。購入を考えているなら、ぜひ2Lと比較試乗を。

BMW318i ■全長×全幅×全高:4645×1800×1440mm/車重:1550kg/エンジン:1.5L直3DOHCターボ/最高出力:136ps/4400rpm/最大トルク:22.4kgm/1250-4300rpm/JC08モード燃費:17.2km/L/価格:446万円

次ページ:国産勢は効率よいダウンサイズターボが作れていない