【地獄耳スクープ】新型カムリの登場時期、日産セレナHV&新型PHVの進展は? CX-5納期未定のナゾに迫ります

月に200店のディーラーを回る遠藤徹氏。その遠藤氏が足で稼いだディーラーでの最新情報を毎回お届けするのがお馴染みの「地獄耳スクープ」。今回は北米ショーで発表のあったカムリの日本発表時期、日産セレナハイブリッド、そしてあの技術を使ったPHVの開発情報、さらにCX-5の納期情報をお届けします。

文:遠藤徹/写真:トヨタ、日産、マツダ、三菱
ベストカー2017年2月10日号


北米で発表のあったカムリは8月に登場予定

今年8月にもフルモデルチェンジする次期型カムリは従来のカローラ店専売から、トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店の全4系列店併売になりそうです。次期型カムリはトヨタの新しいクルマづくりの考え方である「TNGA」を採用する第4弾。

新開発の2.5Lエンジンと2モーター&リチウムイオンバッテリーを組み合わせたハイブリッド専用モデルになります。従来のFF車のほか、新開発の4WD車も追加設定。安全パッケージ装備の「トヨタセーフティセンスP」を標準装備します。月販3000台以上の量販が見込めると思われます。

ミディアムクラスながら北米でのセールスにも期待のかかるカムリ。日本での評判はいかに!?

セレナのフルハイブリッドの登場は秋に延期か?

日産は、今年2~3月とみられていたセレナのストロングハイブリッドモデルの投入時期を、8月下旬以降に延期する見通しです。現行のマイルドハイブリッド搭載モデルが新車効果やプロパイロットの設定、クオリティや使い勝手の向上などで、好調な売れゆきが続いていることから、1年後の需要一巡期に合わせて追加発売することにしたと思われます。

新開発ユニットはEV走行が可能なストロングハイブリッドであり、1.2Lターボと1モーター2クラッチ&リチウムイオンバッテリーを組み合わせたシステムを採用し、2WDと4WDを同時に設定すると思われます。
(※ベストカースクープ班の情報ではe-POWER搭載との予想)

プロパイロットの搭載で大人気のセレナ。今秋にはフルハイブリッドが搭載予定だ

次ページ:日産があの技術を使って新型PHV開発!?