教習車トップシェア!アクセラセダンのひみつ

アクセラセダンの教習車を多く見かけるのはナゼ?


 

みなさんは、どんな車種の教習車で運転を習ったのだろうか?世代によっても異なるようだが、最近はアクセラセダンの教習車が走っている姿を見ることがけっこう多いと思う。


現在、教習車にはどんな車種が使われているのか?

01_nt13_060_04_L

現在、教習所ではどのような教習車が使われているのかを、全日本指定自動車教習所協会連合会(全指連)に聞いてみたところ……。

「普通自動車は、トヨタではコンフォートやプリウス、マツダはアクセラ、ホンダはシビック、日産はティーダラティオやクルーといった車種を使う教習所がわりと多いのではないでしょうか」とのことで、それに多くはないが最近はEVの日産リーフを使う教習所もあるという。

リーフの教習車は岡山県にある勝英自動車学校のグループ教習所が’11年に導入したのをはじめ、今後普及が進むEVの教育指導を充実させるため、現在は全国的にリーフを採用する教習所がでてきている。

高速教習時にメインに使われるSUVのBMWX1教習車。

高速教習時にメインに使われるSUVのBMWX1教習車。

そのほか最近、ちょっと珍しい教習車としてはミニバンのヴォクシー、高速教習車ではレクサスIS、レクサスHS250hなど。ベンツやBMWといった輸入高級車を高速教習車として導入している教習所も増えてきているようだ。

なお、東京と神奈川の5カ所で教習所を展開しているコヤマドライビングスクールでは、アクセラ、BMW3シリーズセダン、BMWX1、日産ジュークの教習車を現在使用。BCでも最近ジュークの教習車を都内で見かけ「こんな教習車もあるのね」と思ったばかりでした。

そして、この教習所でも主力の教習車として活躍しているのがやはりアクセラ。5校で約320台の教習車を導入しているなか約9割がアクセラで、先代モデルだけでなく新型も今年5月から導入しているという。

なるほど。都内でもアクセラ教習車をよく見かけるわけだが、実際の数はどれだけ多いものなのか? マツダ広報によると「教習車の年間需要は3300台前後発生しており、その約3分の1をアクセラベースの教習車が占め、トップシェアになっています」とのこと。アクセラ教習車は今年6月に’04年の生産開始の初代モデルから累計生産1万台を達成。これまで全国約440カ所(’14年4月末時点)の教習所で導入されているのだそう。やっぱり、アクセラの教習車の数は実際に多かった!

 自動車メーカーが作る教習車は多く使われている

さて、いよいよ今回の本題であります。なぜアクセラの教習車は多いのか? 前出の全指連によると「架装メーカーが教習車を作っているケースもありますが、自動車メーカーが教習車仕様を販売していると、その車種が教習所で使われるケースは多いといえます」という。現在、自動車メーカーが販売している教習車は、マツダがアクセラ、トヨタがコンフォート、スバルがインプレッサG4をベースにした教習車があり、全指連によると特にアクセラやコンフォートを採用している教習所は多いと思われるという。

09_100

さらに調べてみると、アクセラが教習車に多く使われている理由には、教習車に定められている基準も関係しているといえそうだ。技能試験や検定に使う普通自動車は全長4400㎜以上、全幅1690㎜以上などのサイズ規定があり、つまり3ナンバーサイズでも問題ない。

逆にセダンでもカローラアクシオのサイズになってくると、実際に教習車はあるが全長が足りなくなるため、大型バンパーへの変更が必要になっている。そういった改造の必要がなく、以前から多く使われてきた5ナンバーサイズに近いセダンが、現在はアクセラやコンフォート、インプレッサG4といったモデルになるわけだ。

ちなみに、日産のティーダラティオとホンダのシビックセダンを使用している教習所はあるが、いずれも現行モデルはないため、日産もホンダも現在は教習車の販売はしていない。

では、そんな自動車メーカーが発売している教習車のなかでアクセラが多くの教習所で使われている理由とは?

11_102マツダは、初めてハンドルを握るクルマである教習車を通じて〝走る喜び〟を感じてほしいという一心でアクセラ教習車を開発してきたという。その〝走る歓び〟を感じて正しく運転できるようになるには、適切な「認知」「判断」「操作」の習得がとても大切で、そのため市販のアクセラでは搭載している坂道発進アシストやアイドリングストップ機構といった先進機能のない仕様をあえて採用。教習生が本当に運転に必要な基本技能を身に付けられるような工夫を施しているのだった。さらに約20年に渡り教習車開発に携わってきたベテランエンジニアが、教習所に出向いて観察し、改善を続けているという。

また、前出の教習所、コヤマドライビングスクールにアクセラを採用している理由を聞いたところ「運転のしやすさや販売会社のメンテナンスが行き届いているといった面もありますが、一番の理由はデザインのよさですね。アクセラはメインターゲットにしている女性に好まれるデザインですし、実際に教習生にもスタイルがいいと評判です」とのこと。

確かに若い人や女性にはタクシーと同じカタチのコンフォートよりも、アクセラの流麗な最新フォルムのほうに人気があるのはうなずけるかも。

まとめ

というわけで、「アクセラの教習車はなぜ多いのか?」は、まず教習車用のセダンとして適度なボディサイズであること。そして、自動車メーカーのマツダが教習車仕様として開発、生産して現在も販売しているため、教習所がまとまった数を購入しやすい。さらに、スタイリッシュなスタイルも若者や女性の多い教習生に好評、といった理由があるといえそうだ。