なぜ、いい音の国産車は生まれないのか?

クォォォ〜ン♪ という甲高いエキゾーストノートやブゥォォ〜ン♪ という地響きのようなターボサウンド。好みは違えどクルマ好きはその音に魅了されるものです。が、最近の、特に国産車では「いい音って聞かないよな」という声がチラホ […]

【はとバス】 振り袖姿のガイド25人がひと足早く成人式

毎年恒例の「はとバスガイド成人式」が1月6日に行われた。祝日となる「成人の日」は、ガイドの業務が多忙となるため、「はとバス」では毎年独自の成人式を行なっている。今年は25人の新成人が、ひと足早い成人式を迎えた。 文:WE […]

ワンペダルでワークスチューンを味わう ノートe-POWER NISMO

2016年11月の月間販売台数ランキングで、30年ぶりに日産に首位をもたらせたノート。そのなかでもやはりe-POWERの存在は大きなウェイトを占める。そのノートe-POWERにワークスチューンの「NISMO」が登場。その […]

経年良化するクルマ。4代目レガシィ3.0Rは「遺産」である

経年劣化とはまったく逆の“経年良化”というキーワード。「年を経るごとに価値が上がる」というニュアンスだが、クルマにもあてはめたときどんなモデルがあるだろうか? 大のスバルファンであるマリオ高野氏が選んだ。 文:マリオ高野 […]

【箱根駅伝 2017】今年の注目“車”は新型プリウスPHV&C-HR

東京・大手町から箱根・芦ノ湖間を駆ける伝統の駅伝大会、「第93回箱根駅伝」が幕を開けた。2015年はMIRAI、2016年はプリウスが箱根路を彩ったが、2017年の今年もトヨタのニューカーが登場だ!! 文:WEBベストカ […]

三本和彦「今も手放せないスピグラ」 ― マイ・ベストカメラ

日本のクルマの発展を見つめてきた三本和彦氏だが、本格的にモータージャーナリストとして活動を始める以前は、東京新聞の写真部に在籍していた。さまざまな事件や社会の出来事をカメラのレンズを通して伝えていたわけで、カメラはずっと […]

【人生を変えるクルマ】 平凡な毎日が冒険になる「無敵の相棒」

「いつもと変わらない毎日」「刺激のない日常」を冒険にするには……。あえてややこしいクルマを選ぶことも必要だろう。高揚感を得てこそ冒険のはじまりだ! 選・文:中村孝仁 BestCar PLUS 2016年5月18日号 冒険 […]

三本和彦「私を唸らせたクルマ」について ― マイ・ベストカー

日本のモータリゼーションの生き証人ともいえる御大・三本和彦氏。年末には85歳となったばかりだが、これまで国内外あわせて数え切れないほどのクルマを鋭いまなざしで見つめてきた。そんな三本氏にとって、「ベスト・オブ・ザ・ベスト […]

【人生を変えるクルマ】 ちっぽけな自分に気づかせてくれる「とっておきの1台」

クルマ選びに常識は禁物だ。似合わないとか、ムリと思っている限り新しい発見には到底出会えない! 選・文:西川 淳 BestCar PLUS 2016年5月18日号 クルマで人生を変えるのは実は難しいことじゃない 人は何かに […]

経年良化するクルマ。今も愛される2代目B110サニー

経年劣化とはまったく逆に、“経年良化”というキーワードがある。「年を経るごとに価値が上がり、趣が出てくる」というニュアンスで、ビンテージモノのジーンズ、ブーツなどのレザー製品など年月を重ねていくことで味わい深くなるものを […]

【試乗レポート】改良版CX-3は見えない部分が大きく進化!

デミオと同じく2016年10月に年次改良を受けたCX-3。デミオ同様に外観の大きな変化はないものの、中身は確実に進化。マツダの最新技術が惜しみなく投入され、操縦安定性や乗り心地の改善が期待される。2015年のCX-3登場 […]

【試乗レポート】改良版デミオは”初期型オーナー”の心を大きく揺さぶる進化ぶり!

2016年10月に年次改良を受けたデミオ。外観こそ大きな変化はないものの、その中身はマイチェンに匹敵するほど魅力的な改良ばかり。今回は初期型モデルのデミオオーナーの鈴木直也氏がその進化具合をチェックする。 文:鈴木直也/ […]

【動画】山野哲也が最高速ドライブ!  ポルシェ911 vs ホンダNSX vs 日産GT-R

レーシングドライバーの山野哲也です。今回またJARI(日本自動車研究所)の方で、ゼロヨン加速や最高速チャレンジをしてきました。ポルシェは穏やかな特性を見せながら、クルマの乗り心地もすごくいいし、高速バンク内でも、直進路で […]