プチバン大戦争! ソリオ vs タンク&ルーミー軍団  ベストバイはどれだ?

軽自動車の急激な進化によって、車内の質感などがグンとアップしている今日。ところが軽自動車は薄利多売。あまり売れすぎても、登録車を扱うメーカーは困ってしまうという痛し痒しの事情もある。そこで登場したのが、ボディが小さく、車内は広々という「プチバン」と呼ばれるクルマたちだ。スズキソリオが開拓したこの市場に、ダイハツ/トヨタのタンク&ルーミー軍団が宣戦布告!

文:鈴木直也、渡辺陽一郎、ベストカー編集部/写真:池之平昌信
ベストカー2017年1月10日号


ダイハツ トール/トヨタ タンク&ルーミーの素性は?

全長3700㎜、全幅1670㎜、全高1735㎜というボディサイズ。まさにスズキソリオにがっぷりとぶつけてきたダイハツ トール/トヨタ タンク&ルーミー。ご想像のとおり、ベースとなるのはパッソ/ブーンである。

……ということで、少々心配があった。というのも、パッソ/ブーン、正直に言って乗り心地や操安性に粗さを感じている。で、こいつは全高が1735㎜と高くなっているうえにスライドドアを採用するプチバンだ。重心が高くなったところに持ってきて、ボディの開口部は大きく、室内空間も広くなっている。乗り心地や操安性、さらに室内騒音などあらゆる条件が不利なのだ。

ところがどっこい。走り出してビックリ!! 室内の質感、操舵時のフィーリングなどグンと上質に仕上げられている。路面からの入力に対してもわりとスムーズにいなしてくれて乗り心地に突き上げ感など感じることもない。フロアがビシッと剛性高く、ボディもカッチリ組み上げられている印象なのだ。

1LのNAエンジンは69㎰/9.4kgmという数字とは思えぬ動力性能で、撮影時の移動では大人3名が乗っていたのに発進加速など不満なし。「こりゃ、街乗りだったらターボいらないね~」などと移動中に話をしたほど。そのあとターボに乗ったら「おおっ、やっぱりこっちのが気持ちいいね!!」となるんだけど、NAでも実用上不満を感じることはないと思う。

後席に座ると足元、頭上の余裕たっぷりで、6対4分割で前後240㎜スライドするので荷物もたっぷり積めるので、使い勝手も上々。NAモデルで「スマアシ」付きなら152万8000円~という価格で、買い得感ありだ!!

(ベストカー編集部)

トヨタ、ダイハツのプチバン4車種はソリオを意識した仕上がりだが、1Lターボは新たな楽しさをもたらしてくれそうだ

次ページ:ソリオハイブリッドの走りは?