レーサー・ラリーストたちが体験した“ありえない”実話

私たち一般人でも日々の日常で“ありえない”と思う体験をすることがある。ならば、激しい戦いの場に身を置くレーサー/ラリーストならば、そんな“ありえない”シーンにきっと多数遭遇しているはずだ。彼らが語る“ありえない”体験の数々を紹介しよう!

ベストカー2017年2月10日号


レーシングドライバー 脇阪寿一のありえない話

寒い日に条件が合わないレース用タイヤで走ると、クルマがありえない動きをするほど滑ります。

レースのタイヤってめちゃくちゃグリップすると皆さん思ってますよね!?

それがそうともかぎらないんですよ! レーシングタイヤが高いグリップ力を発揮するのは、その性能を発揮できる条件(気温、路温、路面コンディションなど)が合った時だけなんですよ! 条件が合わなければ……、涙。皆さんが乗用車で使用している夏タイヤで雪の上や凍った路面を走ったら、ハンドルは効かないし、アクセル踏んでもまともに前に進みませんよね!? 寒い日に条件が合わないタイヤでコースインすると、その100倍くらい滑ります。レーシングカーのエンジンは強烈なパワーです。足回りもガチガチです。それで走ったら……ね。例えるなら、アイススケートリンクの上で普通のスニーカーを履いて、サッカーや野球、なんでもいいですけど、スポーツをするくらいの感覚です。余計わかりにくいわ! って言うな!!

まったく滑って進まない、ハンドル効かない、そんななかでもレーシングカーをコントロールして急いで走らないとダメなんです。あれが精神的に耐えられない。怖くてゆっくり走っていると、いつまでたってもタイヤが温まらずグリップしません。あのありえないクルマの動きは、我々トップカテゴリーを経験したレーシングドライバーにしかわからないと思いますよ! 僕のありえない体験です。

脇阪寿一/最高峰GT500クラスのドライバーを18年間務め、「ミスターGT」といわれているベテランレーサー

 

 レーシングドライバー 谷口信輝のありえない話

谷口信輝/GT300に参戦中のスーパーGTドライバー。駆動方式を選ばず速いベテランレーサー

2005年のことなんだけど、中部地方の某サーキットのオープンの時に、チューニングカーで走行中にクラッシュして、ひっくり返って、池に落ちた。

「ヤッベ! 終わった」と思って、俺はこんな終わり方なのか、死んでいくのかと思いつつも、暇だからシートベルトでも外してみるかと思って……。

そしたらドアが開いて出られた。まさに九死に一生。運転席の窓はあいてて、泥水が入ってきて、視界は悪いし、天地もわからない。神様が死ぬのは今じゃないと、生かしてくれたんだと思ってる。まさに、ミラクルだよ(笑)。

 

 レーシングドライバー 伊沢拓也のありえない話

伊沢拓也/スーパーGT・スーパーフォーミュラ ドライバー。F1への登竜門GP2に参戦経験のあるホンダ系若手レーサー

2016年1月のことなんだけど、マレーシアのホテルで寝てて、ふと目を開けたら人が外に出ていくのを見たんだよ。人影というか、人!

たぶん従業員で、何か取られたとか、触れられたとかいうのはなかったけど、正直、怖くて動けなかったよ(笑)。

間違えて入っちゃったんだと思ってるけど、それ以降、海外だけでなく、日本でも内鍵をするようになった。幽霊より人間のほうが怖い!

 

ラリースト 勝田範彦のありえない話

勝田範彦/ラリードライバー。栄えある全日本ラリー選手権2016年シリーズチャンピオン

親父と僕のジンクスなんですが、親父(編註・元WRCドライバー 勝田照夫氏)もラリーをやっていて、僕もラリーをやっているので、お互いに横に乗って練習走行をやっていた時期があったんです。僕も親父も、互いの運転が見たいっていう感じでね。

ところが、同乗すると必ずといっていいほど、谷底に落ちたり、立ち木に衝突してマシンを壊していたんです。普通、ありえないですよね。

あまりに壊しすぎて修理代がかさんだので、周囲から「頼むから乗らないで」と言われまして、今では絶対に一緒に乗らないようにしています。

 

 


プロドライバーたちの“ありえない”実話はまだまだ続く。2月10日号(1月10日発売)のベストカー「レーサー・ラリーストに聞いた ありえない話」も合わせてお楽しみください!