日産ノートが2016年11月の新車販売台数1位! e-POWER効果はもの凄いのか?

クルマにまつわるさまざまな不思議を追う本企画。今回、驚きだったのは、日産ノートが2016年11月の新車販売台数ランキングで1位となったこと。プリウス、アクアなどが上位の常連だったなかに、突如現れたノート。今回はその秘密に迫る。

ベストカー2017年1月26日号


サニー以来の30年2カ月ぶりの快挙

ドライブを楽しんでいたある日、首都高速3号線を走行中に聞いていたラジオからこんなニュースが飛び込んできました。

「2016年11月の新車販売台数ランキングで、日産ノートが1万5046台で1位となり、日産車が新車販売台数1位になるのは1986年9月のサニー以来、30年2カ月ぶりの快挙となります」

このニュースを聞いた後にツイッターを見ると、「マジかあ、ノート凄い、e-POWERのおかげだろ、たった1カ月天下だろ」と意外に反応は大きかったようですね。

でも1カ月とはいえ、にわかに信じられません。読者のみなさんのなかにも「あのノートが1位になるなんてホント?」と思った人も多いんじゃないかな。しかも日産車が1位になったのは30年ぶりとはこれまたビックリ。そこで1986年9月の新車販売台数データを探したら出てきましたよ。2位のカローラに2927台の差を付けてサニーが堂々の1位。40代以上の読者は懐かしく思う、トラッドサニーでありました。

ノートが1位になったわけとは?

急激に売れ始めたのは、11月2日にマイナーチェンジし、同時に新開発のパワーユニット、e-POWERを追加してから。発売約3週間を経過した時点では月間販売目標の2倍となる約2万台の受注を獲得。その原動力はなにか? その答えはすぐにわかりました。ノート全体に占める販売割合ですがe-POWERが78%! こりゃあe-POWERさまさまですな。JC08モードは37.2km/L、価格も177万2280円とくれば、バカ売れは当然でしょう。

でもよくよく見ると、うん? 37.2㎞/LをマークしているのはSグレードだけで、177万2280円という価格設定はエアコンが用意されていないからです。Sグレードのすぐ上のグレード、e-POWER X(195万9120円)やトップグレードのe-POWERメダリスト(224万4244円)のJC08モード燃費は34.0km/Lとなるのです。う~ん、どのグレードが人気なのか、さっぱりわからん。バカ売れできっとニコニコ顔の日産ディーラーマンに聞けば一発でわかるに違いない……ということで都内のノートを取り扱うディーラーに行って情報収集することにしました。

■現場の営業マンはノートが1位になった理由をこう見る
「日産のHV車を待ち望んでいた人が多かったと思います。実際試乗しても加速のよさはプリウス、アクア、フィットなどに比べると格段にいいと喜んでいただいています。数カ月前から予約受注をしていたため、一気に月産1万台以上供給できる態勢がとれたのも大きいと思います」(日産プリンス東京店長)

「やはりエンジンで発電してモーターだけで走る、ということがウケたんだと思います。充電設備がどこにあるか、いちいち気にしないですみますしね」(千葉日産営業)

この2人はまさにウハウハ顔だったのだが、冷静に分析する営業マンもいた。

「まったく驚いていません。1~2カ月でひっくり返るでしょう。1月にはヴィッツのハイブリッド、2月にはプリウスにPHVが加わりますし、三日天下じゃありませんが、すぐにプリウスに抜かれるでしょう。1カ月天下じゃないですか?」(東京日産店長)。

なお、ノートが販売好調の理由を日産自動車はこうみる。「航続距離を気にせず電気の走りを楽しめること、既存のコンパクトカーと比較しても走りの愉しさ、なかでも電気の走りの愉しさを、まさにひと踏みでわかっていただけたのではないでしょうか」

■e-POWERの人気グレードは何だ?
e-POWERのなかで人気のグレードはなにか聞いてみたらXが65~70%、メダリストが30~35%でSグレードはほぼなし、とのことだった。

■最後に本誌お馴染みの遠藤徹氏の分析では?
遠藤氏によれば「e-POWERを含めたノートシリーズは好調に売れていますが、絶対的な強さは感じないですね。現在の納期は在庫車があれば即納、なければ約1カ月です。空前のヒットモデルであれば多数のバックオーダーを抱えて納期は36カ月以上の待ちになりますが、そんな状況ではありません。e-POWERはガソリンモデルの同じXグレード同士で比較すると45万円くらい高いのに、値引きはガソリン車の15~20万円に対してe-POWERは10万円程度と渋チンなので1月以降は1位になれないでしょう」とのこと。

なるほど辛辣な意見多し、ですな。でもよく考えてみると発売1カ月の受注台数は新型プリウスが10万台、アクアが12万台で、おそらく年間販売台数1位はプリウス。冷静に見るとたいしたことじゃなかったかもしれませんが、たった1カ月でもそんな大物たちを抜いて1位になったのは凄いことです。今後再び1位になれるか、今後も注目しましょう。