オプション価格100万円以上! カーボンセラミックブレーキは選ぶ価値あり!?

近年、スーパーカーなどで採用が増えているカーボンブレーキ。軽量で高温時の強度が高いという長所があるものの、実はかなり高額だ。たとえば、NSXのオプションリストによれば、カーボンセラミックブレーキローターは113万4000円……。車両本体が2370万円と超高額なので、感覚がマヒしてしまいそうだが、冷静に考えるとかなりの金額だ。このケタ違いに高いカーボンブレーキ、はたしてその価格に見合うだけの価値はあるのだろうか?

ベストカー2016年12月10日号


ノーマルブレーキよりもカーボンブレーキがいい理由

NSXでは113万4000円のカーボンセラミックブレーキローター。近年ではハイパフォーマンスカーの定番アイテムとなっているんだけど、オプション設定での価格は軒並み100万円オーバーだ。

以下、いくつか例を挙げてみよう。

・ポルシェ911GT3RSのPCCB(ポルシェ・カーボン・セラミック・ブレーキ)=166万8000円
・ポルシェ718ケイマンSのPCCB=132万9000円
・マクラーレン540Cの場合=124万3000円
・アウディS6の場合=139万円
・アウディR8=123万円
・BMW M3/M4=110万円

といった具合だ。

あの巨大なキャリパーのブレーキシステムは見た目の迫力もさることながら、価格もかなりの迫力なのである。でも、NSXもポルシェもマクラーレンもアウディも、ノーマルブレーキだって充分すぎるほどの性能でしょ……と思わなくもない。

ノーマルでも十分強力な911GT3 RSのブレーキ。カーボンセラミックブレーキなら166万8000円だ

そこで、自動車評論家の鈴木直也氏に、訊ねてみた。

「一般道を普通に走っているかぎりはノーマルのブレーキでまったく不満が生じるはずもないですね。もともと凄いブレーキついてますから。さらに、サーキットをかなりのペースで走り込んでもノーマルブレーキで不満を感じる場面はまずないでしょう。カーボンセラミックローターは素材的に熱に強い特性を持っていて、しかも鋳鉄ローターよりも軽い。軽いからより大きくできるので、さらに耐熱性が高くなる。

先日BMWのMモデル試乗会があり、筑波サーキットで次々とドライバーが乗り替えて延々と走り続けていたんだよね。カーボンブレーキのM3やM4はこんな状況でもまったくブレーキがへこたれない。鋳鉄ブレーキのM2でもダメってことはなかったけれど、ちょっとペダルタッチに変化が出てきたかな!? という場面でもセラミックブレーキのM3/M4はガッチリタッチに変化なし。この領域で使うのであれば“価値アリ”といえるだろうね」と語る。