未使用車(新古車)って結局お得なんですか?

走行距離が極端に短い。なんといっても納期が早いのが魅力。


 ◇◆あなたの疑問にベストカー編集部がお答えします!!◆◇


この前、中古車販売店にいったら、「新古車」がありますが、いかがですかってお店の人に薦められました。新車と中古車とどう違うのでしょうか? お店の人には、ディーラーが販売台数を増やすために、登録をしただけで走行距離も50㎞で、新車と変わりませんっていわれました。「新古車」について、お得なのか、教えてください。(埼玉県・Yさん)


ご相談の新古車ですが、公正取引協会が新古車という呼称を禁止しており、代わって未使用車という言葉が使われています。厳密にいうと、未使用車の定義は「一般ユーザーの手に渡らず、使われていない中古車」になります。これは未登録車とは違います。未使用車はナンバーがついていますが、未登録車にはついていません。

それでは、この未使用車はどのように売られているか? 新車ディーラーが販売台数を稼ぐために自社名義で新車登録をして、中古車として自社の展示場に並べたり、中古車販売店に流しているケースが多いです。さて、ご質問の未使用車はお得なのか、保証制度などはどうなっているかということですが、本誌おなじみの遠藤徹さんに指南してもらいましょう。

※   ※   ※

未使用車はユーザーにとってお得な場合と、それほどでもない、あるいは損といったようにいちがいにはいえず、ケースバイケースですね。

まず、同じ装備の新車と価格差を比較すればおおよその見当がつきます。さてどうするか。中古車展示場を複数回り、お目当ての車種の未使用車の価格相場をメモってください。グレード、装備、車検時期、走行距離も調べます。店の担当者に値引き額も差し引いた総費用の大枠も見積もってもらってください。

次に、同じ車種を扱う新車ディーラーに出向いて見積もりをとり、最大の値引き幅も聞いてください。

その総額と未使用車の価格とを比較し、未使用車のほうが軽自動車で10万円、登録車で15万円以上安ければ〝買い〟といえるでしょう。車検の残りは2年以上あり、走行距離は100㎞以内が理想的です。この範囲を超えると損か得かの評価が微妙となります。

新車保証制度はメーカー保証だから新車と同じといえます。保証書がしっかりついているかを確認しましょう。当然、法律上は中古車扱いになるため、登録した経過月数ぶんだけ車検期間が早まりますし、当然保証期間が減ります。買って安心かどうかは新車とそれほど差はないと考えていいでしょう。

加えて新車にかかる自動車重量税が0円、取得税も新車に比べて車種によって異なりますが最大4割減になることもメリットです。また未使用車は早ければ1週間程度で納車が可能なこともメリットといえます。

さて、どんなメーカーのどんな車種の未使用車が多いのか? 軽自動車、コンパクト2ボックス車、ミニバン、SUV、ハイブリッドカーと多岐にわたりますが、中古車市場、新車も含めて人気車の未使用車が多いです。

また、なぜ人気モデルが多いのか? 未使用車として販売しても、すぐに売れる確率が高いからです。

※   ※   ※

未使用車は新車と総額を比べて、高いか安いかを見極めて、得かどうか判断する。いかがでしたでしょうか?